介護をする家族の精神的負担

介護が必要な人の介護をその家族が自宅でやっている在宅介護の場合、介護を必要とする本人も支える家族も負担が大きくなりがちです。負担がかかりすぎないように介護サービスを積極的に活用することをも検討した方がいいでしょう。支える家族の負担は大きく分けると3つあります。1つ目が精神的な負担です。例えば認知症の要介護者だった場合、その本人が発する言葉で家族が傷つくというケースもあるでしょうし、家族自身のことに手が回らなくなって精神的につらくなってくることもあり得ます。

介護する家族は時間的な負担がある

家族で介護をするということは、その家族の時間的な負担が発生することになるでしょう。例えば仕事中でも問題が発生すれば自宅にすぐに戻る必要があります。そういったことが続けば仕事を継続していくことが難しくなるかもしれません。また、夜中でも徘徊しないように気を付けている必要があったり、トイレの介助を行ったりする必要があればほとんど24時間気が安まる時間はないでしょう。自分の自由時間はおろか、自分の生活の時間まで無くなるような負担を感じるかもしれません。

介護する家族は肉体的な負担がかかる

介護している家族の負担の3つ目は肉体的な負担です。介護をする場合、要介護者をベッドから車いすへ移してあげたりする必要がありますが、本人を傷つけないようにするために細心の注意を払って行うことになるでしょう。そうなると自然と自分の腰などに負荷がかかってしまい、介護をしている方の体の負担が積み重なっていくのです。また、夜中に介護をすることで睡眠不足から疲れやすくなってしまうかもしれません。この肉体的な負担が精神的な負担に繋がっていくこともあるでしょう。

介護の求人を探す時は、インターネットや、求人雑誌を見て応募しましょう。資格がなくても、働ける場所は多いです。

Categories: 未分類

Comments are closed.