保育園で働くことができる

保育士として免許を取得した場合、やはり働ける場所で一番に思いつく場所は保育園になるとおもいます。また、保育士の人で一番多く働く場所も保育園になります。保育園は厚生労働省が感覚している職場になります。その為、厚生労働省から認定してもらう保育士資格が必要となります。保育園での仕事の内容ですが、おもに0歳から6歳までの児童を預かり保護者に代わって、子供の日常生活の世話をすることになります。保護しながらも一緒に遊んだりしますので、その中で会話の練習や考える力を育てていく役割などもあります。

乳児院で働くことができる

保育士の資格があることで働ける場所として、乳児院という場所がありますよ。この乳児院の施設ですが、2歳未満までの乳児を育てていく場所になります。親と死別してしまった子や子育てが困難な親や、何らかの理由で保護者のいない子供が対象になります。乳児院の仕事の内容ですが、産まれたての子供も預かる場合も多いので、ミルクを飲ませたりオムツを替えたりといったほかにも、入浴や外への外気浴などになります。保育園と大きく違う点といえば、保護者が子供を迎えにこないということでしょう。

児童養護施設で働くことができる

保育士の免許をもっている人が働ける場所として、児童養護施設があります。児童養護施設では、幼児以外の18歳までの児童が入所している場所になります。ここでは入所している児童が寝泊まりしているため、それらをサポートする仕事がメインとなります。児童用施設の児童の特徴として、何らかの理由で保護者がいない児童のほかに、様々な理由から心に傷をもった児童が少なからずいるという点です。その為、保育士として働く場合、心のケアなども含めて気をつけた対応が必要となります。

保育園での求人ではまず子供が大好きであることが前提です。それから、子供の何かをしたいという欲求に全力でぶつかっていける体力が必要です。

Categories: 未分類

Comments are closed.